一発試験の体験談4『19歳(男性)父親の命令で一発試験!』

一発試験で普通免許を取得する方法『改正版』タイトルロゴ

Home(目次) | 体験談・目次 | 一発試験・体験談4

一発試験、みんなの体験談

19歳(男性)父親の命令で一発試験!

僕は普通免許を取るのにとても苦労しました。

一発試験みんなの体験談4

というのも僕は公認の教習所に通わせてもらえなかったからです。

なぜ公認の教習所に通わせてもらえないのかというと単純に父親の方針です。

『クルマの免許を取るなら運転免許センターで受験しないとダメ!』

これは僕が中学生の頃から言われていました。

でも幸いなことに未公認の教習所に通うのはOKでした。
教習費用も出世払いでいいと言いながらも援助してくれました。

父親曰く、
『公認の教習所では運転スキルや、安全に対する意識が身につかない!』
とのことです。

父親の考えは公認の教習所の場合、
余程の問題点がない限りは
トコロテン方式に卒業させてくれることが問題だと言っていました。

その点、
運転免許センターで直接受験をする場合は
トコロテン方式が通用しない!
_
そこが良い!と言います。

僕も言われることはなんとなく理解できました。
だけど本心は
友達と一緒に公認の教習所に行きたい
と思っていました。

それでも資金援助の件と、
父親のいう理屈も頷ける点もありましたので
僕は未公認の教習所に行くことにしました。

未公認の教習所に入校すると
学科と技能のテキストを渡されました。
一応、
学科のビデオ教習がありましたが
授業形式というものではありませんでした。
_
基本的には自己学習スタイルです。

運転の技能教習は、
さすがにちゃんと先生がついてくれました。
でも、
運転の反復練習の際は車から先生が降りて
自分一人で運転することがよくありました。

他の教習生も皆同じでした。
この教習所内はこんな感じが当たり前のようでした。

ちなみに路上教習は当然ですがマンツーマンでした。

教習所内とはいえ
運転初心者が一人で運転する車がたくさんいる。
僕もその中の一人でした。

よくこれで事故が起きないものだと思ってました。

父親にそのことを言ったら
事故は起きる場合もあるけど
起きる確率は少ないと言っていました。

その根拠として、
みんな運転が下手なことを自覚していること、
運転に真剣なこと、
それと交通ルールをしっかり守ろうと運転していること、
などなど。
他にも色々言っていました。

僕はなるほどと思いました。

でも決して安全なわけではないし、
油断はできません。
気を抜かずに頑張ろうと思いました。

僕はこんな感じで教習所で頑張りました。

そして仮免許の受験日を決めました。
教習所の先生からは
『仮免の平均合格回数が3回ぐらいだよ』
と言われていました。

僕の場合は、
7回目で合格でした。

不合格続きで
メンタル的にかなりキツかったです。

初回で不合格の時は、なるほど。そうか。
次はちゃんとやるぞ!
なんて前向きに思っていました。

2回目、3回目の不合格のときは、
もう一度練習して今度こそ!
なんて思ってました。

でも4回目不合格の時は、
『なんで受からせないんだ!』
と怒りと悔しさと屈辱感がすごくて
『もう免許なんていらない!』
と思いました。

2週間教習をサボりました。

少し冷静になって、
指摘された不合格ポイントを見つめ直しました。
もう一度頑張ってみようと思いました。

何度か教習を受け再受験の日を迎えました。

5回目の受験です。

落ちました。
ショックです。
でも前ほど落ち込みませんでした。

6回目の受験です。

落ちました。
でも手応えを感じました。

7回目の受験です。

試験コースを1周回って発着点まで来ました。
試験官がカギを回すジェスチャーをしました。
僕は慌てましたが冷静なフリでエンジンを切りました。

そして僕が『終了しました。』というと、
試験官がいくつかのダメ出しをしました。

その後、
試験官が、
『はい、終了です。次の手続きに進んでください。』

意味がわかりませんでした。
僕が『ありがとうございました。』
と言って降車すると、

試験官が降りてきて、
僕に言いました。

『君、勘違いしてない?合格だよ。おめでとう!』
と言って肩をポンと叩いてくれました。

最高の1日でした。
受かった喜びもありますが、
底知れぬ達成感が湧いてきました。

ちなみに父親も喜んでくれました。

そして残るは本免許試験。

しっかり教習を受けました。
テスト勉強も頑張りました。
特定教習を受けました。

準備万端です。

いよいよ本面受験です。

初回受験、不合格でした。
理由もよくわかりました。

また、教習所で練習しました。

そして2回目の受験です。

路上検定、無事帰還できました。
最後の場内種目です。

方向変換です。
教習所ではまあまあできています。

不安でしたが自信を持って頑張りました。

自分の実力以上に運良く上手く決まりました!

その後最高の瞬間が訪れました。

合格です!

もの凄い達成感でした。

いくつかの手続きを済ませ、
遂に運転免許証が手渡されました。

初めて手にする運転免許証に感動しました。

通っていた教習所に合格の報告をしに行くと、
合格祝いの初心者マークを渡されました。
これもまた、嬉しかったです。

その晩、父親に報告しました。
父親も本当に喜んでくれました。

僕の場合、
免許取得までには大分時間がかかりましたが
良い経験ができたと思っています。

でも、
もう受験はこりごりなので
この免許証を生涯大切にしていきたいと思っています。

一発試験の体験談・目次

  1. 41歳(男性)運転免許失効からの再取得
  2. 33歳(女性)人生初の一発試験!
  3. 21歳(男性)興味本位で一発試験!
  4. 19歳(男性)父親の命令で一発試験!
  5. 55歳(男性)一発試験の合格率シェアします!
  6. 27歳(女性)仮免許試験、終了間際に泣かされました


免許・スクールランキング

一発試験で普通免許を取得する方法『改正版』ライン
Home(目次) | 体験談・目次 | 一発試験・体験談4


当サイト【一発試験で普通免許を取得する方法『改正版』】は、各都道府県の運転免許センター(運転免許試験場)で直接受験を行う皆さま向けに、役立つ情報や、役立つノウハウを提供することを目的とし運営いたしております。
皆さまの安全意識の向上、また社会の安全運転推進において微力ながらも貢献できればと考えております。

タイトルとURLをコピーしました