仮免許・教習ポイント・・・右折方法

一発試験で普通免許を取得する方法『改正版』タイトルロゴ

Home(目次) | 右折方法

右折方法・・・右折の手順と注意点

右折方法の手順

技能試験の際、
右左折右左折に伴う進路変更は、意外と多く設定されています

その為、
左折の都度減点されていては、合格は困難になります。
_
しっかりやり方を確認して、
反復練習をしておくことを、オススメします。

『天底チャート MT4』 - メタトレーダー用FX売買サインツール -
FX相場の天底をズバリ捉える!『天底チャート MT4』は、超高機能FXチャートソフトのメタトレーダー用売買サインツールです。只今、マニュアルの全てを公開中!

右折方法の手順!

  1. 交差点の手前30mで右寄せを完了させる。
  2. 寄せを維持しながら断続ブレーキ。
  3. 右折のハンドル操作前に安全確認。
  4. 交差点中央のマークに沿わせるように左折。

右折方法ポイント

【公式】最新ビジネス系YouTube攻略法
もしあなたが、コロナ後の時代でもオンライン商品を作成して安定した売上を上げ続けたいのなら過去10年以上オンライン講座を販売して収益を上げてきた講座作成のプロが毎月1,000万円売り上げるオンライン講座の作り方をお教えします。オンライン講座の極意

交差点手前30mで右寄せを完了

交差点30m手前で右寄せ完了

  1. 交差点を右折する際は、
    交差点の手前30mで右寄せを完了させておきます。

右折のための進路変更については、次の参考記事をご覧ください。

寄せを維持し断続ブレーキ

寄せを維持し断続ブレーキ

  1. 右寄せが完了したら、
    そのまま、右寄せを維持します。
    _
    ここで行う寄せは、
    二輪車等の進入を防ぐことが目的です。
    _
    寄せ加減は、
    二輪車等が
    進入できない位の寄せができていれば問題ありません。寄せすぎて、
    対向車両と接触するほど寄せないように注意しましょう。
    _
  2. 右寄せを維持しながら、
    断続ブレーキをします。
    (ポンピングブレーキ)
    _
    右折操作をする前に、
    徐行状態まで減速します。

右折ハンドル操作前に安全確認

右折ハンドル操作前に安全確認

  1. 右折のハンドル操作する前に安全確認をします。
    _
    この安全確認は、
    二輪車等の巻き込み確認を行います。
    _
    それと合わせて、
    右折する先の安全確認をします。
    _
    具体的には、
    ・歩行者はいないか
    ・自転車はいないか
    ・障害物はないか
    ・自車が進むスペースはあるか
    などを行います。
    __
  2. 右折のハンドル操作に進みます。

交差点中央マークに沿わせ左折

交差点中央マークに沿わせ右折

  1. 右折のハンドル操作に入ります。
    _
    ハンドル操作時に
    内掛けハンドル」をしないようにすることも覚えておきましょう。
    _
  2. 対向車が来ているときは、
    無理をせず待ちます
    _
    対向車が見えても、
    自分が右折できるだけの
    十分な距離がある場合には
    速やかに右折を行います。
    _
    対向車が
    進路を譲ってくれるケースもあります。
    その際は、
    対向車の死角部分に二輪車等が潜んでいないかを、
    自らの目で確かめることが必要になります。
    _
  3. 交差点中央にマークがある場合には、
    マークを踏まないように、
    また、離れすぎないように、
    マークの内側に沿うように右折してください。
    _
    交差点中央にマークが無い場合は、
    交差点の中心の内側を走行してください。__
【初級編】学校や会社では教えてくれない成功の方法

交差点の通過・・・周辺知識

安全な速度と方法

  1. 車は、
    交差点に進入しようとするときや、
    交差点内を通行するときは、
    対向する
    ・左折車、
    ・直進車、
    ・歩行者
    などに気を配りながら
    交差点の状況に応じて
    出来る限り安全な速度と方法で
    進行しなければなりません。
    _
  2. また、
    右折しようとするときは、
    対向車線を直進してくる二輪車
    見えにくくなることがあります。
    注意をしましょう

巻き込み(巻き込まれ)防止

  1. 車が右・左折するときは、
    内輪差が生じます。
    _
  2. 特に大型車は内輪差が大きく
    左後方に運転席から見えない死角箇所が生じます。
    _
  3. 内輪差や死角に注意しながら、
    右折先の横断歩道を通行している
    ・歩行者や
    ・自転車などを
    巻き込まないようにすることが肝心です。
    _
    逆に、
    二輪車は交差点を通行するとき、
    これらの車に
    巻き込まれないように
    注意
    をすることが必要となります

交差点などを通行するときの注意点

  1. 交差点は、
    いろいろな方向からの車が合流したり、
    歩行者の通行も多いため、
    最も事故が起こりやすい
    危険な場所だということを
    忘れないようにしましょう

交差点に入るときや、交差点内を通行するときの注意点!

  1. 交通規則を正しく守る
    _
  2. 横断しようとしている歩行者がいないかを確かめる
    _
  3. 他の車の動きはどうかを見極める
    _
  4. 側方や対向車の陰に二輪車はいないかを確かめる
    _

このような多くのことに気を配りながら危険を予測し、慎重に通行しなければなりません。

左折方法 ← 前の記事

次の記事 → 坂道発進


免許・スクールランキング

一発試験で普通免許を取得する方法『改正版』ライン
Home(目次) | 右折方法


当サイト【一発試験で普通免許を取得する方法『改正版』】は、各都道府県の運転免許センター(運転免許試験場)で直接受験を行う皆さま向けに、役立つ情報や、役立つノウハウを提供することを目的とし運営いたしております。
皆さまの安全意識の向上、また社会の安全運転推進において微力ながらも貢献できればと考えております。

タイトルとURLをコピーしました