合宿免許のメリット&デメリット

一発試験で普通免許を取得する方法『改正版』タイトルロゴ

Home(目次) | 合宿免許のメリット&デメリット

合宿免許のメリット&デメリット

合宿免許のメリット&デメリット

過去に免許取消になった方はご注意ください

  • これから合宿免許を希望する場合には、
    原則として次のことにご注意が必要です。
    _
    1)免許の欠格期間が終了していること。
    2)取消処分者講習が必要な方は受講済みであること。
    _
    この2つ条件が必要となります。
    詳しく知りたい方は参考記事をご覧ください。

  • ご自身が取消処分者講習が必要なのかや、
    免許教習を受けられる状態かどうかということについては、
    事前に運転免許センターへお問合せください。

合宿免許のメリット

短期間集中で予定を組みやすい

  • 合宿教習所(施設内)で予め設定された期間を、
    泊まり込みで高効率な教習プログラムを進めていくことができます。
    _
    AT車で最短14日間のところも多くみられます。
    _
    宿泊施設は、教習所内や教習所の近くに設定されています。
    _
    教習生はそこに滞在しながら
    毎日集中的に教習を受けることができます。
    教習カリキュラムは、
    教習所ごとに予め高効率に組まれていますので、
    カリキュラムに合わせて、
    教習や各検定を進めていくことが可能です。
    _
  • 通学に比べると
    繁忙期に予約が取れないとか、
    キャンセル待ちなどの心配がないことが
    合宿の強みだと言えます。

旅行気分を味わいながらの教習が可能

  • 普段の生活の場とは違う別の土地で教習が行われます。
    違った環境に身を置くことで
    気分もリフレッシュされることが期待できます。
    _
  • お好みの部屋タイプを指定できるところが増えています。
    _
  • カリキュラムにもよりますが、
    施設近隣の観光ができるぐらいの
    フリー時間を設けているところもあるようです。

料金設定がお得

  • 教習料金の他、
    宿泊費、
    食事代等が
    セットされた料金設定
    ですからお得感があります。
    通学制の教習所に通うより
    圧倒的にコストパフォーマンスが優れています
    _
  • 交通費、検定料金、追試関連費用も
    セットされたプランもあるようです。
    この場合更にお得です。
    _
  • 保証プランを設定しているところも多くなっています。
    これは万一、
    技能検定に受からなかった場合でも
    保証設定の範囲内であれば追加料金が発生しないなど、
    各学校ごとにチェックしておくと良いです。

合宿免許のデメリット

原則として、合宿免許参加期間中の帰宅はできない

  • 合宿中は原則として途中で帰宅することはできません。
    通学と違うのがこの点です。
    長期休暇がある方には問題ありません。

春・夏休みシーズン等の繁忙期は、早めの入校申し込みが必要

  • 繁忙期は、急な申し込みが困難な場合が多いようです。
    予め余裕をもって早めの申し込みをしておく必要があります。
    _
  • 繁忙期は学生の入校者が多いのが特徴です。
    その為、
    学生特有の賑やかさが苦手な方
    時期を改めることも視野に入れておくことがお勧めです。

参考

  • 運転経験者の方にとっては、
    運転免許センター(試験場)で直接一発試験を受けて、
    運転免許を取得する方法が、
    一番早く、安く条件を叶える方法になることが多いと考えられます。
    _
    しかし、
    運転に対して
    長期間のブランクがある方については、
    指定自動車教習所に通う方が良い場合も考えられます。
    _
    合宿免許に参加する場合は、
    上記の通り比較的安く、
    短期間での運転免許取得につながるケースも考えられます。
    _
    しかし、
    時間をオーバーしてしまった場合は、
    追加日数追加費用が発生することもあります。
    _
    その為、
    この辺の都合にも対応できる準備があることも
    必要になりますので注意しておきましょう。


免許・スクールランキング

一発試験で普通免許を取得する方法『改正版』ライン
Home(目次) | 合宿免許のメリット&デメリット

当サイト【一発試験で普通免許を取得する方法『改正版』】は、各都道府県の運転免許センター(運転免許試験場)で直接受験を行う皆さま向けに、役立つ情報や、役立つノウハウを提供することを目的とし運営いたしております。
皆さまの安全意識の向上、また社会の安全運転推進において微力ながらも貢献できればと考えております。
タイトルとURLをコピーしました