本免許・教習ポイント・・・交差点

一発試験で普通免許を取得する方法『改正版』タイトルロゴ

Home(目次) | 交差点

交差点・・・交差点・右左折時のポイント

交差点

交差点・右左折時のポイント!

  • 視線を、
    手前や前方へと送ることで、
    一箇所に片寄らないようにしましょう。
    _
  • 進路変更や右左折の際、
    方向指示器を出すタイミングや、
    30m手前の寄せの誘導など、
    一連の動作として
    滑らかに対応できるように練習しておきましょう。
    _
  • 道路条件に応じて走行速度を調整すること。
    _
  • 常に危険を予測した運転を心がけること。
    そして、
    咄嗟(とっさ)な場面でも
    的確に対応できるように努めること。
    _
  • 標識表示見落とさないように注意すること。
    _

交差点

交差点を通行するときのポイント

安全な速度と通過方法

  • 車は、
    交差点に進入しようとするときや、
    交差点内を通行するときは、
    折車歩行者などに気を配りながら、
    交差点の状況に応じて
    出来る限り
    安全な速度と方法で進行しなければなりません

巻き込み(巻き込まれ)防止

  • 車が右・左折するときは、内輪差が生じます。
    _
    特に大型車は内輪差が大きく、
    左後方に運転席から見えない死角箇所があります。
    _
    左側を通行している歩行者や自転車などを
    巻き込まないように十分注意
    しましょう。
    _
    また、二輪車は交差点を通行するとき
    これらの車に巻き込まれないように注意をすることが大切です。

交差する道路が優先道路などである場合

  • 車は、交通整理の行われていない交差点においては、
    交差する道路が優先道路であるときや、
    交差する道路の道幅が広いときは、徐行するとともに、
    交差する道路を通行する車や路面電車の進行を妨げてはいけません

左方優先

  • 車は、
    交通整理の行われていない
    道幅が同じような道路の交差点では、
    左方から進行してくる車の進行を妨げてはいけません

交差する道路を路面電車が進行しているとき

  • 車は、
    交通整理の行われていない
    道幅が同じような道路の交差点
    では、
    右方や左方に関係なく
    路面電車の進行を妨げないように
    しなければなりません

指定場所における一時停止

  • 車は、
    一時停止の標識があるときは、
    停止線の直前(停止線がないときは、交差点の直前)で
    一時停止をするとともに、
    交差する道路を通行している
    路面電車進行を妨げてはいけません
    また、
    進行方向に赤の点滅信号がある場合も同じです。


一般道路走行 ← 前の記事

次の記事 → 停止方法


免許・スクールランキング

一発試験で普通免許を取得する方法『改正版』ライン
Home(目次) | 交差点


当サイト【一発試験で普通免許を取得する方法『改正版』】は、各都道府県の運転免許センター(運転免許試験場)で直接受験を行う皆さま向けに、役立つ情報や、役立つノウハウを提供することを目的とし運営いたしております。
皆さまの安全意識の向上、また社会の安全運転推進において微力ながらも貢献できればと考えております。

タイトルとURLをコピーしました