雑学的裏情報・雨の日は受かりやすいは本当?

一発試験で普通免許を取得する方法『改正版』タイトルロゴ

Home(目次) | 雑学的裏情報 | 雨の日は受かりやすいは本当?

雨の日は受かりやすいは本当?

雨の日の試験は受かりやすいは本当?

『雨の日の技能試験は受かりやすい。』

これは、昔からよく聞く話です。

では、実際にはどうなのでしょうか?

雑学的裏情報 雨の日は受かりやすいは本当?

でもなぜ「雨の日」なのでしょうか?

これは、
とある試験官たちから聞いた内容をもとに推測したお話ですが
とても参考になるかと思います。

雨の日に試験に受かりやすいと言われるのは、
雨で前後左右のガラスや、
ドアミラーが濡れるために、
前方や後方、
そして左右など死角部も含め視界が著しく悪くなります。

実は、このことが大きく影響していると考えられます。

例えば、晴天時に視界も良好で明るく見やすいときの条件に比べると、
雨天時は視界が悪く著しく運転がしにくくなります。

その上で、
右左折時の寄せ等、
濡れて視界の悪い窓越しに、
更に塗れて見にくいドアミラーを頼りに車を誘導するという場面では、
あまり無理をさせられないということになるようです。

つまり、
ワイパーで水かき出来ていない部分や、
塗れたドアミラーでは、
十分な情報を得ることが難しい場合がある為、
晴天時よりも
『寄せが多少甘くても減点できない場合がある』
ということのようです。

もし、
極端な言い方をするならば、
『寄せが多少甘くても受かる!』
ということになります。

ただし、
一度寄せたのに
途中で寄せが離れるなどは減点対象でしょう。

技能試験では、
安全確認と右左折等の寄せは、
重要度の高い採点項目です。

車幅感覚に不安がある人は
寄せの誘導が苦手なケースが多いものですが、
もし雨天時ならば
多少の甘さは許容範囲といったことになるのでしょう。

このようなことから、
雨天時は視界の確保が難しいことから、
特に寄せに関する許容範囲が受験者にとって好都合となります。

その結果、雨天時は受かりやすいという俗説が生まれたのではとも考えられます。

なので、たまたま受験日が雨だ!
なんて憂鬱に思うことがあったときには、
是非思い出してみて下さい。

雨を味方につけ、
合格のチャンスを掴み取ってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

雑学的裏情報(目次)

当ブログをご覧いただいた方からの雑学的裏情報をご紹介しています。
これから一発試験を受験するあなたの参考になればと思い掲載します。

雑学的情報 目次

  1. 合格直前の、あの質問!?
  2. 雨の日は受かりやすいは本当?
  3. 試験官も苦悩。。。
  4. ウィンカー合図!試験時のポイント
  5. 速度と停止距離の関係について
  6. 免許証番号12桁の意味ってご存知ですか!?


免許・スクールランキング

一発試験で普通免許を取得する方法『改正版』ライン
Home(目次) | 雑学的裏情報 | 雨の日は受かりやすいは本当?


当サイト【一発試験で普通免許を取得する方法『改正版』】は、各都道府県の運転免許センター(運転免許試験場)で直接受験を行う皆さま向けに、役立つ情報や、役立つノウハウを提供することを目的とし運営いたしております。
皆さまの安全意識の向上、また社会の安全運転推進において微力ながらも貢献できればと考えております。

タイトルとURLをコピーしました